スポンサーリンク



幼児を持つ親におすすめ子育て本!『ひとりでできる子の育て方』

久しぶりにいい本に出合いました。この本を楽天koboで買い、移動中に読みましたが、どうしても嫁さんや周囲の人にも読んでもらいたくて改めて書籍も買ってしまったほどです。

内容は本当に心の強い子に育つ方法ばかりです。しかも花まる学習会という実際に課外授業をされている先生が書いている本なので信頼性も高い!

子どもがおもらししたとか話をしたときはどうしてとかきいちゃうじゃないですか?でも、それまでに子供は心の中で葛藤して勇気を振り絞って話を切り出したはずなんです。それを何してるの!とか怒っていると本当のことを話すと怒られると思ってしまうんです。まずは褒めてあげることが大事です。

さらに大人と勝負するときはわざと負けることをしないとか。やはり親はすごい存在であることを伝えれば大きくなってもパパ臭いからお風呂に先に入るとか。洗濯物を別にしてとか言わないそうです。

娘をもつ親にとっても助かるアドバイスばかりです。4歳~9歳まで。幼稚園、保育園~小学校3年生までです。この期間を過ぎると子供の記憶が発達し後々まで怒られたことなどをよく覚えているそうです。この期間を乗り切れば1人でできる子に育つ!そう思えば、この期間にたくさん子供と関わりあいたいと思います。

受験・就職・人間関係…人生の難問は強い心=「思いやり」と「たくましさ」で乗り越えられる!逆境に負けない「強い心」の伸ばし方。9歳までに親がしてあげられること。