スポンサーリンク



おすすめ中国春秋戦国時代マンガ!『キングダム』

キングダム50巻

秦国と趙国の全面戦争朱海平原二日目。王賁率いる玉鳳隊の一部隊が岳嬰軍と趙峩龍軍の間を抜ける。抜けた先は、馬南慈軍の左端だった!戦果を失いそうだった王賁を亜光軍の千人将で悪童と呼ばれる亜花錦が助ける。

二日目の夜、壁軍が保管していた兵糧庫が地下道を通った舜水樹によって焼かれた。

三日目、早々に手を打つ李牧は、かつての三大天・藺相如の部下である尭雲を朱海平原の右陣に送る。対する王翦は、信と羌瘣を右陣に送り、王賁を助ける。本能型の尭雲は、テンの用兵術を超えるが、テンに代わってかつての麃公将軍から本能型のお墨付きをもらった信が用兵する。なんとか食らいついていく信だが、尭雲の本陣奇襲を読み取り、信と尭雲の一騎打ちが始まった。

次巻

信と尭雲の一騎打ちの結果は?さらに秦国と趙国の全面戦争となった朱海平原の戦いは?

キングダム11巻

紀元前244年、二十万の大軍が「韓」を目指して出陣した。進行するは大将軍蒙驁。韓の奥深くまで侵攻する間に、趙国は三大天龐煖将軍、公孫龍将軍、万極将軍が攻めてきた。

信も混沌とした地を平定した。趙国に対抗するため昌平君は王騎将軍を総大将にした。副将には蒙武。

100人将となった信は特殊百人隊として、出陣する。副将は渕さんと羌瘣。

キングダム10巻

政の前に呂氏陣営が登場する。信は呂氏陣営と政との力の差をまざまざと見せつけられた。呂氏陣営には、外交および相談役蔡沢、法の番人李斯、武人蒙武、軍事をまとめる昌平君も一緒に現れた。蒙武は六大将軍を復活させて欲しいと上奏する。怪鳥王騎もまた、かつての六大将軍であった。

政陣営はかつての竭氏の参謀肆氏を加えた。

河了貂は、信たちと同じ戦場にいたいため、女である羌瘣に相談した。羌瘣はある人物を紹介する。さらに、河了貂は羌瘣の背景も知ることになった。羌瘣は幼馴染の仇討のため、行動していた。相手は現蚩尤だ。

さらに河了貂は羌瘣のおかげで昌平君の軍師学校に入門する。兄弟子は蒙毅。

信は、壁との連絡係り渕とともに、王騎将軍を頼るが、直接稽古をつける前に、兵を率いる難しさと集の強さを学べばかりに混沌としていた地を平定するように仕向ける。

次巻

信は無事混沌とした地を平定できるのか?河了貂は軍師になれるのか?羌瘣の仇討は?

キングダム9巻

政を狙う黒幕は呂氏だった。̪蚩尤・羌瘣も政を狙うが、途中、号馬が現れて、信と羌瘣は協力して号馬に立ち向かう。羌瘣は異常に体力を使う技を持つ。昭文君が間に合い、朱凶・燕呈も捕らえられた。

蚩尤は、魏にいるというし、羌瘣が女であることも分かった。羌瘣には二つ年上の姉、羌象がいる。蚩尤と名乗るのは常に一人であり、蚩尤が消息を絶つと次の蚩尤を決める掟。蚩尤族は19の氏族があり、二人ずつ候補者を出し最後の一人になるまで戦う祭が行われる。

羌瘣は、姉・羌象によって眠らされ、祭に間に合わなかった。幽族の連が首謀者となり、羌象は一人狙われる。羌瘣は里を抜け羌象の敵討ちのために旅に出たのでった。

そして政の元に今回の黒幕丞相。呂不韋が現れた。

次巻

呂不韋と政の面会はどうなる!?

キングダム8巻

紀元前262年、上党の地をめぐり秦と趙が長平で激突したが、秦将白起、趙将廉頗の力が均衡し2年たっても決着がつかない。愚断を下した趙王は総大将を廉頗から趙括に変更した。結果、趙括は当時副将だった王騎に敗れた。秦将白起は投降した趙軍40万人を生き埋めとした。

その後、秦の王族政が趙国邯鄲で生まれた。

9年後、呂氏から密命を受けた道剣は邯鄲で秘密の計画をしていた。紫夏と亜門と江彰は道剣から人を運ぶ相談を受ける。

当時の秦の昭王が亡くなった。その後安国君が王となり、次の太子には子楚が決まった。子楚は趙国に十数年人質になっていた。呂氏は、その子楚を趙国から脱出させた。だが、子楚は、脱出時に子楚の女と子供を連れて帰れなかった。

紫夏は政を邯鄲から脱出させることだと見抜く。

18年前、餓死寸前だった紫夏、亜門、江彰は行商・紫啓に救われていた。闇商紫夏は同じ境遇の政を助けようと決意する。

行商紫啓は他人を助けることで次の世代へ命をつないでいた。自分の命すらも厭わないことを知っていた紫夏は、ついに政を秦に逃がすことに成功した。その命と引き換えに!

紀元前251年、政は9歳にして秦王都咸陽に到着した。

時は戻る。

百将になった信は、羌瘣と再会する。その夜、王都では昌文君の協力者ばかりが殺された。刺客の名は、号馬、堅仙、赫力、朱凶、蚩尤であり、真の狙いは大王政の暗殺であった。

肆氏の助言で王宮で政を守る信と河了貂。

蚩尤とは羌瘣のこと。河了貂を助ける羌瘣の相手は赫力だが、相手にならないほど協会が強い!

羌瘣より先に政と合流した信と河了貂だった。

次巻

羌瘣はなぜ政をねらう?暗殺者たちの黒幕はだれ?

キングダム7巻

縛虎申の部隊が宮元陣営を討ち、丘の上を制した。隣の丘にいた魏軍総大将呉慶が、信のいる丘に迫る。

さらに別の丘には王騎将軍がいた!王騎将軍は信のいる丘に迫る!目的はなんだ?王騎将軍を追うように壁と尚鹿隊が続く。丘を制した王騎将軍。だが、縛虎申は逝く。

王騎将軍の興味は、知略型の呉慶と本能型の麃公将軍の戦の結果だった。さらに王騎将軍は信に将軍とは戦況の全てを描く存在だと言う。

朱鬼と麻鬼が麃公の前に立ちはだかるが、麻鬼を斬った信!さらに朱鬼を斬った麃公将軍。

呉慶は麃公と一騎打ちをするが、呉慶は亡国、甲という王国の一族であったため、侵略者に対して引くことができなかった。呉慶を倒した麃公がこの戦に勝ち、秦軍が蛇甘平原の戦いを制した!

次巻

秦軍と魏軍の今後の勢力図はどうなるのか?

キングダム6巻

信たちの戦場は、蛇甘平原となった。信の上官は特攻好きのいかれた千人将の縛虎申。千人将の壁も同じく参戦している。対するは、魏軍副将宮元。

最前列に配置された信だが、岩陣を敷く魏歩兵軍を突破するが、次に出てきたのは魏の中華最強の装甲戦車隊!策を見出した羌瘣の防壁で装甲戦車を凌ぐ。騎乗した信は、戦車長を倒す。

異彩を放つ信たちに活路を見出した麃公将軍。すぐさま騎馬隊を突撃させ、信たちは助けられた!

信たちの千人将縛虎申は、丘の上にいる敵副将宮元の首を狙うため、信ら歩兵含めて突撃を命じた!

羌瘣は剣も相当な腕前。色々な秘め事がありそう。

丘の中腹を抜けた信と縛虎申ら。さらに丘の上を狙うが、丘の上には弓矢を使う黄離弦がいた。黄離弦が打つ家をことごとく弾き返す信。ついに黄離弦を斬り、縛虎申は宮元を打ち取った!

次巻

麃公将軍と呉慶の戦いの行方は?

キングダム5巻

ランカイを倒した信!竭氏も倒す!朱亀門にまで逃げ出した成蟜。

朱亀門では、王騎将軍が現れるが、魏興を一刀両断にする。政の味方なのか分からぬまま去っていく王騎。

成蟜を倒した政。成蟜の反乱も収まりを見せたが、真の敵は呂丞相であるため、竭氏陣営の吸収を図る。

河了貂の身元も判明し、絶滅したとされる梟鳴の生き残りだった!山の民であったが、いまさら帰るというわけにもいかず、新しい家を与えられた信とともに過ごすことにする。

三か月後、魏国滎陽を攻める戦いが、信の初陣となる。戦場に行く前に澤圭伍長を中心に伍を作る。伍は尾平、尾到、羌瘣、信、澤圭の五人。秦国は、麃公将軍が大将。軍議の席には千人将に昇格した壁もいた!

対する魏国は、呉慶将軍(以前、信陵君と呼ばれる戦国四君の一人の食客頭)であった。

次巻

呉慶将軍と麃公将軍の戦いとは?

キングダム4巻

信、河了貂、壁と山の民の精鋭は右龍の回廊に向かう。だが、そこには肆氏の片腕で竭氏の人斬り長の左慈がいた。朱亀門では、政と楊端和が魏興相手に奮闘する。

左慈を抜く、信と壁たち。本殿には成蟜、竭氏、そして成蟜の小飼、ランカイがいた。隊長バジオウは、昔の狂戦士に戻るが、それでも倒せないランカイ。

壁の剣は最強という言葉に剣の使い方に目覚めた信は、ランカイに決定打を撃つ!

次巻

ランカイは倒せたのか?朱亀門で戦う政達は無事か?

キングダム3巻

山の王楊端和の前で、政は中華の統一を目指す王となることを宣言する。楊端和の協力を得た信たちは、秦国咸陽を目指す。

王弟成蟜派の竭氏は、咸陽を不在にしている呂氏を叩くため急いで兵を集めていた。そこへ応援として山の王とともに咸陽場内に潜入して、成蟜と竭氏を叩こうとする政と信。

王宮の朱亀門まで進んだ政と信は、竭氏と会戦する。

次巻

政と信は王都咸陽を奪還することができるのか?

キングダム2巻

昌文君は秦の怪鳥 王騎将軍に殺されていたはずだったが、王騎将軍は昌文君を死んだことにしていた。生き延びた昌文君は大王たちと合流した。

一日も早く王都に戻りたい政は、単身山の王に会いに行く!

政を追う信らはあっけなく山の民に捕まり山の民の王国に連行された!

次巻

山の王は政を助力してくれるのか?捕まった信はどうなるのか?

キングダム1巻

中国春秋戦国時代、無名の少年が李信将軍にまで上り詰める話。

紀元前246年、中華に7人の王(戦国七雄、燕、斉、趙、魏、韓、楚、秦)が覇を争う時代、中華西端の秦国にて第31代、秦王 嬴政(後の始皇帝)がわずが13歳で即位した。

紀元前245年中華西方の国、秦の国。里典の元で暮らす漂と信。二人は戦争孤児だった。夢は天下の大将軍。

ある日、幼い秦の大王の側近、昌文君に見出された漂だったが、秦の王都咸陽で王弟成蟜派の反乱に合い、刺客一族・朱凶(後に名前が徐完であることが分かる(9巻))の刀傷を受け、やっとの思いで信のもとに帰ってきたが、黒卑村への地図を託して亡くなってしまう。

黒卑村に着いた信は、漂とそっくりの政に出会う。政は、秦王であったが、朱凶に追われていた。信は朱凶を倒し、漂の仇討を果たす。

信たちは黒卑村で秦国のはるか西にある山民族の河了貂を仲間にして、黒卑村を脱出し、昌文君たちと合流地点に向かう。

次巻

信たちは無事昌文君たちと合流し実権を取り戻すことができるのか?

その他おすすめ漫画!

移動時間はほぼ漫画を読んでいます。今まで読んできた漫画まとめもおススメ!

スポンサーリンク